読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるVapeにっき

初心者のおっさんVaperの冒険の書です。

【リキッド】小江戸工房 - Coé de Mojito / Coé de Piña Colada

f:id:twi9gy:20170524024322p:plain

たまにはあまり間を置かずに更新しますよ!

 

・・・本当は今回紹介するのを購入する際に「ブログに書いてもいいです?」

なんて質問しちゃった上に快諾してもらっちゃったから焦ってるわけなんですけど。

まりんですよろしくどうぞ。

 

 というわけで今回ご紹介したいのはこちらなんですよ。(焦り気味)

f:id:twi9gy:20170524000948j:plain

ざん。

 

小江戸工房さんの謹製のリキッド2種(お試し版)になります!

左(黄色いラベル)がCoé de Piña Colada(コエド・ピニャコラーダ)

右(緑のラベル)がCoé de Mojito(コエド・モヒート)

になります。

 どちらもカクテルモチーフのリキッドですね~!楽しみです。

 

■ 前置き ■

小江戸工房さんですが、昨年2016年に設立されたそうで

新進気鋭のVapeメーカーさんですね!!

www.coedofactory.com

 

これまでに2種リキッドをリリースされています。

今回はその2種のお試し版ということでどちらも5mlの容量となっていますが、

ラベルのデザインはそれぞれ通常サイズのものを元に

専用に作られていて、すごく丁寧な印象を受けます。

 

 そもそもお試し版とは?って話なんですが。

こちらは小江戸工房さんのショップで販売(2017/05/23現在)されているもので、

 

「気になるし買う前に試飲してみたいけど、

 近くに取り扱いショップがなくてうわーん」

 

みたいな僕のような人間に与えてくれた神の光みたいなものだと捉えています。

その価格、なんと300円。(2017/05/23現在) 

 しかも送料込みですよ、奥さん。

これは正直なところかなり利益度外視でやっていると思います。

 

この僕のスーパーコンピュータがはじき出した計算によると・・・

カタカタカタ・・・・・・・カタカタカタカタ・・・・・

・・・10mlのリキッドが送料込みで300円でしょ・・・

カタカタカタ・・・・・・チーン!モクモクモク

お得過ぎて買う以外の選択肢が思いつかない!!!!!!!!!

 

というか自分的には小江戸工房さんがショップを開設されたころから

気になっていたのですが、なかなか購入機会が合わずにいたところに

今回のお試し版販売の知らせが届いたわけで・・

少量で試すこともできますし、これは買うしかないでしょう。

 

というわけで購入から速攻で届きました。ありがたや!

 早速吸ってみます~

■ Coé de Mojito(コエド・モヒート) ■

 f:id:twi9gy:20170524010410j:plain

 まずはモヒートから。大人のカクテル感あるやつ。

リキッドの匂いからして、美味しそうな雰囲気してます。

 

ずいぶん本物のモヒート飲んでない気がするので

まともに紹介できるのか不安になってきましたがそこはそれ。

 いったん小江戸工房さんのサイトから紹介文を引用させてもらいたいと思います。

 

モヒートは、クラッシュしたミントとライムに

熟成したラム酒と炭酸水を注いで作られる、

キューバ生まれのカクテルです。

 

Coé de Mojitoは、本格的なバーで出される

フレッシュなミントをふんだんに使ったモヒートをそのままに、

Vapeリキッドに仕上げました。

 

ラム酒の爽やかな甘さとミントの風味をお楽しみください。

 

 引用終わり。

うーん。結構ガチでカクテル側に寄せていってる感じなんですね。

吸ってみるのが楽しみです。

では…見せてもらおうではないか!!!!!!!!!!!!(吸ってみます)

 

吸霧環境

MOD : ASVAPE STRIDER 75W

アトマ:SKYWALKER RDA

ワイヤー:SS316 0.30Ω デュアル

コットン:なんかやっすいの

そういえば、今回なんかデュアルで組んでしまいました。

最近、モクモクで吸うことの愉しみを覚えてしまって・・・。

 

 

それはさておき、今回は30Wを軸に吸ってみます。

 

・・・

 

・・・・

 

・・・・・

 

モヒート!!!!!!!!!!!!!!!

 

めっちゃモヒートです!!

記憶の中のモヒートと一緒!

そして美味いです。ほんとに酔っぱらいそう。。。!!

 

自分の環境だと、ライムとラムを強く感じますね。

ほんのりと甘いんですが柑橘系のさっぱりした甘さで

スッキリとした味わいです。

ミストを吐く時の少しほろ苦い感じなんかも、

すごくモヒートを飲んでる感じがしますね。

ミント(メンソ?)の仕業かもしれません。

 

これ、環境的に冷たいミストで吸えるなら絶対そのほうが

よりモヒート感を感じられて美味しく頂けると思います。

 

 今回Wを40、20でも試してみたんですが

W数を上げたほうがよりお酒感が強くなるので、

好みによって調整したほうがいいかもしれません。

(自分は40W前後がいい感じでした)

ただ、人によってはこの感じ(ラムの風味)はケミカル感と

感じる人もいるかもしれません。

 

自分的にはモヒート、かなり気に入りました。

これは、次のピニャコラーダにも期待してしまいますね・・!!!

 

Coé de Piña Colada(コエド・ピニャコラーダ)

f:id:twi9gy:20170524013245j:plain

 ピニャコラーダ・・・・

まずは小江戸工房さんのサイトから紹介文を引用させてもらいます。

 

ピニャコラーダは、たっぷりのフレッシュなパイナップルジュースに

ココナッツとラム酒を加えた、カリブ生まれのカクテルです。

 

Coé de Piña Coladaは、本格的なバーで出される

フレッシュなパイナップルジュースをたっぷり使ったピニャコラーダを

そのままに、Vapeリキッドに仕上げました。

 

パイナップルの豊かな風味とココナッツの

アクセントをお楽しみください。 

 

引用終わり。(そうか、パイナップルなのか・・・!)

 

・・・正直言います。

ピニャコラーダ、飲んだことないんですよ。

なので、比較とかできないんす・・・すまねっす・・・。

 

美味いか、まずいか、どんな味か。

そういった感覚に頼ったコメントをしますので、

温かい目で見てやってください。

 

吸霧環境は先ほどと同じなので省略します!

早速吸ってみます~今回も30Wを軸に吸ってみます。

 

・・・

 

・・・・

 

・・・・・

 

パインパインしてる!!!!!!!!!!

 吸った瞬間に「オッホオォォォォパインじゃのう~」って言いましたもん。

 

すんごいしっかりと濃厚なパイナップルを感じられますね。

モヒートよりも甘味は強いですが、パイナップルの酸味もあり

こちらもサッパリと頂けるリキッドかと思います。

 

ココナッツ、ラム酒に関してはミストを吐き出すときに

うっすら感じる程度でお酒感もあまりないかな?と思います。

パイン苦手でないならジュース感覚でドバドバ行けそうです。

 

またモヒートに比べて若干ミストが冷たく感じ、

もしかしたら清涼剤が少し入っていそうです。

ひんやりするほどではないのでわずかなものだと思いますが・・・。

 

こちらも20~40W間をうろうろしてみましたが、

個人的には40Wでパインの海で泳ぐくらいが気持ちよく感じました。

Wを上げることで少しお酒感が出ますが、モヒートほど

感じない(幅が大きくない)のでお酒の風味が

苦手な方はこっちのほうがいいかもです。 

 

いやぁ、こちらも美味しかったです。 

 カクテル系リキッド、小江戸工房恐るべしといったところです・・・。

 

今回のリキッドですが、どちらもサッパリしていて

これから夏に向けてすごくよさそうな気配がします!

 

■ 入手先 ■

今回のお試し版リキッドセットですが、

↓こちらの小江戸工房さんのオフィシャルショップから購入できます。

coedofactory.thebase.in

 

お試し版について、特価販売のためおひとり様1つまでの制限があります。

また、生産の都合などにより販売休止や終了などもありえますので

気になる方は早めの注文をお勧めいたします。

 今買うと次回使える200円引きクーポンももらえるという・・・

(2017/05/23現在)

お試し版実質100円やん・・・・ほんまにええの??

 

 ■ あとがき ■

以前紹介したOneCaseさんのお試し版もそうなのですが、

理由はそれぞれだと思いますが実際店舗まで足を運べないVaperには

お試し版をネット販売していただけるというのは本当にありがたい試みです。

自分が知らないだけで他もやってるのかもしれませんが、

素直に称賛したい気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

 

今後もこういったスタイルのリキッドメーカーさんが

増えることを期待したいですね。

 

ここしばらく、BaksLiquidLabのリキッドばかり吸っていて

それはそれで美味しい美味しいで過ごしていたのですが、

ふとサッパリ系リキッドが吸いたくなることもあるのです。

おしんさんの既発リキッドは僕的には基本コッテリ系です。過去記事はこちら

 

そんなところに今回ちょうど良く収まってきたサッパリ系リキッドからの刺客。

それが小江戸モヒートとピニャコラーダでした。

夏に向けて、サッパリ系を開拓したかったので

ほんとに良いタイミングだったと思います。

 

というかですね、今回のサンプル版の5mlボトル、

柔らかい目なんですよ!

これめっちゃいい!!我が家にあるどのユニコーンボトルよりもやらかくて

めっちゃリキチャしやすいんですよ!!

みんな実は持ってるの!?知らないの僕だけなの!!??

 

どなたか、もし売ってるところあるなら

こっそり教えてください・・・。

小江戸工房の中の人でもいいので!

 

以上、まりんでした。また次回。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

【リキッド】BaksLiquidLab. - #3 Gotland Pepparkakor Stout

皆様わたしのこと、おぼえていますか。

愛・おぼえていますか

まりんですお久しぶりですよろしくどうぞ。

 

前回2週空いちゃったわーきついわーなんて言っておいて

今回1ヶ月も空いてしまいました。

 

「初心者のために役に立ちたい」

 

そんな志を天高く持ち立ち上げたこのブログですが

どうやら天性のアレな性格のせいでこのザマです。

どうぞ好きなだけ笑ってやってください。 

 

その間にMODが増えたり、RDAを手に入れたり、

飽和メンソ作って鼻を爆発させてみたりと

いろんなことがあったはずなんですが・・・

うっ、記憶が・・・・

 

ある意味いろいろ手を出しすぎて納まりがつかなくなっているんですね。

よくあるよくある!!!

 

そんで一か月も経ってしまうとですね・・・前回紹介したはずの

リキッドまでもが変化を遂げてしまうことがあるんですよ。

そんなわけで今回紹介するのはこちらです。(画像中央)

f:id:twi9gy:20170515002425j:plain

BaksLiquidLab(Twitter:oshinbaksさん謹製の、

Gotland Pepparkakor Stout(ゴットランドペッパカーカ・スタウト) 

※画像中央

です。

 

画像左は通常のぺぱかか、右はふぃーかになります。

こちらは前回・前々回の記事にて紹介していますのでこちらもあわせてどうぞ。

twi9gy.hatenablog.jp

twi9gy.hatenablog.jp

 

 ■ 前置き ■

で、ですよ。

僕が惰眠むさぼったりメンソで鼻爆発させたりしてる間にですね、

おしんさんことoshinbaksさんがぺぱかかちゃんを

魔改造しちゃったりしてたわけですよ。

 

巷では限定ぺぱかかと言われていまして、

ぺぱかかにハマってしまっている僕としては

こりゃあ手を出さないわけにはいかないですよねぇ。

 

ここからは毎度記載している内容なのですが、

こちらのリキッドはいわゆる自作・インディーズ系となっており、

oshinbaksさん個人で作成、販売されているものになります。

 

ゆえに、衛生管理もしっかりされているものですが

あくまでも個人の方が自宅で製作されているものになりますので

そういった部分が気になる方や、

そもそも個人間売買に嫌悪感のある方はご遠慮ください。

 

また後述しますが今回のGotland Pepparkakor Stoutに関しては、

製作行程上、微粒子レベルの炭が残っている可能性

ありますので神経質な方にもおすすめは致しません

 

これらを踏まえてご紹介させていただきますまりんですよろしくどうぞ。

 

続きを読む

【リキッド】BaksLiquidLab. - #2 Guld Kvällsfika

すっかり暖かくなってまいりました。皆さん、如何お過ごしですか?

いまだにウルトラライトダウンを着ていますまりんですどうもどうも。

ユニクロ最高。

 

今回は前回に引き続き、BaksLiquidLabさんのリキッドの紹介になります。

前回記事はこちら。

twi9gy.hatenablog.jp

 

そうそう、oshinbaksさんトコのお嬢さん方お二人をお迎えしたんです。

f:id:twi9gy:20170418001215j:plain

今日のゲストはそのうち二人目。

立ち位置で言うと向かって右。突っ込みの方、

Guld Kvällsfika(グルド・クヴェルスフィーカ) 愛称・ふぃーか

の紹介になります。

 

 ■ 前置き ■

 ということで今回はこの2種のうち、

先日4/10に販売開始となったGuld Kvällsfika(ふぃーか)を紹介します。

 

前回も記載した内容になってしまうのですが、

こちらのリキッドはいわゆる自作・インディーズ系となっており、

oshinbaksさん個人で作成、販売されているものになります。

 

ゆえに、衛生管理もしっかりされているはずですが

あくまでも個人の方が自宅で製作されているものになりますので

そういった部分が気になる方や、

そもそも個人間売買に嫌悪感のある方はご遠慮ください。

 

ではまりん、いきまーす!

  ■ Guld Kvällsfika ■

f:id:twi9gy:20170421013715j:plain

どん。はいきたまたボトルかわいいー。

 そんでまたちょっと減ってるー。

・・・我慢できないんですよねぇ・・・。

 

 前回ぺぱかかのボトルもめっちゃかわいかったんですが

フィーカのボトルも負けず劣らずかわいいです。

こちらもラベルデザインはぺぱかかと同じく、

テキスタイルデザインアーティストの

青山 佳世さん デザインのラベルだそうです。

 

機械的でない、優しい色合いとイラスト、レイアウトが

枯れたおっさんの乙女心にずんずん刺さりますね。たまらんです。

 

 今回も、まずは制作者であるXvide oshinbaksさん

ブログからリキッド紹介を引用させていただきます。

Kvällsfikaとは、 英語で言えば“Evening tea time”といったところでしょうか。

仲間と集まってコーヒーもしくはお酒を飲みながら談笑する

夜会のようなニュアンスです。

そして重要なのはGuldという単語。

スウェーデン語で「金の・金色の」という意味です。

「金」という言葉に表れるプレミアム感を込め、

そしてまた金曜日の夜にゆっくり・どっしりと

構えて味わって頂けるようなイメージです。

コーヒー・バーボン・タバコの3種をメインに、

バニラキャラメルやヘーゼルナッツの風味をプラスし、

軽すぎず重すぎず鼻抜けの香りが特徴的なリキッドになりました。

前作のGotland Pepparkakorは「狭く深く」ターゲットを絞っていたのに対し、

今作はやや間口を広げ、親しみのあるコーヒーフレーバーに仕上げています。

コーヒーフレーバーと言えばやはりワコンダですが、

ワコンダ狂の方だけでなく、ワコンダ独特の癖や甘すぎるのが苦手

という方にもおすすめします。

 引用終わり。

 

そう、メインの一つはコーヒーフレーバーなんですよ。

タバコも。今は亡きワコンダといわば同門。比較対象になるのは当たり前。

そんな状態でタバココーヒーリキッドぶっこんでくるおしんさん。

天才かそれとも変態か。はたまた両方なのか。

吸ってみればすべてわかりますね。 

 

記事作成現在、ちょうど0時を回って金曜日。

ある意味金曜日の夜です。うんいける、いってみよ。

 

吸霧環境

MOD : ASVAPE STRIDER 75W ※地味にMODが変わりました。うれしい・・・

アトマ:Fodi F2

ワイヤー:SS316 0.50Ω

コットン:なんかやっすいの

 

では、いざ吸ってみます!

とりあえず25Wで・・・。

 

・・・

 

・・・・

 

・・・・・

 

うまい!!!(前回と同じ流れ)

 

いやいや、でもぺぱかかとの大きな違いは

至ってキャッチーなところだと思います。

 

メインどころであるコーヒー、バーボンの風味が

しっかり効いていて、バニラキャラメル

(最初自分はメープルかと思ってました)、ナッツが

脇をしっかり支えているという感じです。

 

甘さはあるのですがしつこい甘味ではなく、

舌先から喉までの優しい甘味。

そのあとコーヒーの苦みが時間差でやってきて、

吐き出すとコーヒー、バーボンの風味がふわぁと広がります。

タバコに関してはW数を上げたほうがしっかり出る印象です。

 

後味は多少残りますが嫌な感じではなく、

スッキリとしています。

ブラックコーヒーと微糖コーヒーなら

ブラックのほうのスッキリさ。

 

タバコの部分で書いたのですが、ミストの炊き方で

このリキッド、結構表情変わると思います。

混然一体と楽しみたいなら低W、それぞれを

しっかり感じたいなら高Wのセッティングでしょうか。

初心者的にはこの程度しか書けないのがもどかしいですが…w

ちなみに自分は低Wのほうが好みです。

 でも何がすごいって、どちらにせようまいってとこが

本当にすごいと思います。調合が神懸ってます。

 

■ エキシビジョンマッチ ■

f:id:twi9gy:20170421025522j:plain

 対立を煽っていくスタイル。嘘です!

 

せっかくなので、例のリキッド・・・

いわゆるひとつの「ワコンダ」との比較もしてみようかと思います。

今となっては我が家に現存する最後のラストワコンダに頑張ってもらいましょう。

 

ちなみに。。。

どちらが上とか下とかそういうのを決めるつもりはありません。

そもそも人によっても感じ方が違うので。

あくまでもバカ舌の初心者の意見ですが、もし参考になれば幸いです。

 

 

まずリキッド自体の香り。

どちらも甘い、良い香りがしますが

ふぃーかはバーボン、ワコンダはキャラメル(バニラ)感を

それぞれ強く感じます。

そのためかワコンダのほうが甘ったるく、

ふぃーかはちょっと 大人感を感じますね~。

 

実際吸ってみます。

 

ふぃーかのほうが全体的に濃度が濃く感じますね。

 

ワコンダがよく言われている複雑な味、それはある意味で

全部が一体となってとがったところが出ていない丸い味、とも言えます。

 

そのあたり、ふぃーかはとがってます。

それぞれ主張量は違いますがそれぞれがしっかり前に出てきています。 

その分、濃度が濃く感じるのかもしれません。

(実際濃いかどうかはわかりませんが。) 

 

 ただ、やはりこの二つのリキッド似ているように自分は思います。

というか「似ている瞬間」を感じる時があるのです。

 

そこまで書くと吸って見ないとわからないかと思いますが、

ワコンダロスでお嘆きの方は一度試してみるのも

良いのではないでしょうか。

 

■ 入手先 ■

ほい前回のコピペ。

 

↓ twitterでoshinbaksさんにリプかDM ↓

oshinbaks (@baksliquidlab) | Twitter

または

BaksLiquidLabのウェブストア

で購入できます。

 

ウェブストアで売り切れの場合、DMで問い合わせを

行うのが手っ取り早いと思います。

(予約を受けていただける場合があります)

 

前回自分の注意が足らず記載するのを忘れていたのですが、

注文の際はあくまでも「個人の一般の方」が

販売されていることを忘れずに、注文側も

節度を持って頂ければと思います。

 

■ あとがき ■

二回に分けて紹介させて頂きましたBaksLiquidLabのリキッド紹介、

楽しんでいただけたでしょうか。

ほんとに市販品に負けるどころか三回転半くらい差をつけて

勝ってる印象の2つのリキッド。

正直ここまでとは・・・と思いました。

 

負けてる市販品山ほどありますからね。

そんなにいろんなの吸ったことないけど。

 

まあ人によっては注文の難易度が高いかもしれません。

しかしながら、扉の先に興味があるのなら開けて

自分の目で、鼻で、口で確認していただくのをお勧めします。

その先には美味しいリキッドとの出会いが待っているかもしれませんよ。

 

あ、そういえばおしんさんは・・・ 

やっぱり天才なのか変態なのかわかりませんでした。

たぶん両方なんだろうなと思う。(失礼すいません・・・!)

 

 

気づけば朝4時過ぎです。

ああ、本当に金曜日の晩だったらよかったのにな。

また次回。まりんでした。 

 

↓登録してみました。楽しんでいただけたらクリックお願い致します。

 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

にほんブログ村 

 

【リキッド】BaksLiquidLab. - #1 Gotland Pepparkakor

約2週間ぶりとなります社畜ことまりんですどうもどうも。

  

今回もリキッドの記事になります。

リキッド系記事が連続してますが、

私はそこまで数を吸っているわけではありません。

まあ簡単に言えば経験の少ない奥手ボーイなんです。

そんな奥手ボーイが以前から

気になって気になっていたクラスのアイドル。

 

 

それが今回記事にさせていただくこちらのお嬢ちゃん方。

f:id:twi9gy:20170418001215j:plain

BaksLiquidLab(Twitter:oshinbaksさん謹製の、

左:Gotland Pepparkakor(ゴットランドペッパカーカ) 愛称・ぺぱかか

右:Guld Kvällsfika(グルド・クヴェルスフィーカ) 愛称・ふぃーか

 

いましたよね、クラスに2人くらいは気になる子。

今回は2種購入したうちの左側、

Gotland Pepparkakor(ゴットランドペッパカーカ) 愛称・ぺぱかか

の紹介になります。

 

今回も鉄は熱いうちに打てってことで、

購入後数日で記事を書いてる次第です。

 

■ 前置き ■

ということで今回はこの2種のうち、

2月より先行して販売されているGotland Pepparkakorを紹介します。

ちなみにこちらのリキッドですが、

いわゆる自作・インディーズ系となっており、

oshinbaksさんが個人で作成、販売されているものになります。

 

twitter自作界隈では名の知れたXVide自作リキッド超人で

2月の初販時からずっと気になっておりました。

なので今回、新作としてふぃーかが販売されるというタイミングで

えいやっっと自分も便乗買いしてみました!

 

自分もいわゆる個人系リキッドは今回が初めてなのですが、

ほんとレベル高いです。売ってるものが霞んで見えます。

お値段もリーズナブルですし。

ただ、衛生管理もしっかりされているはずですが

あくまでも個人の方が自宅で製作されているものですので

そういった部分が気になる方や、個人間売買に

嫌悪感のある方はご遠慮ください。

 

では行ってみましょうー

■ Gotland Pepparkakor ■

 f:id:twi9gy:20170418010045j:plain

はいきた。まあまあ減っちゃってますが気にせずにね!

 

まずボトルデザインがめっさオシャレ。

一目見たときにガチーーーーンときました。

これはなんか違うぞと。気合入ってるぞと。

初めてなのにいきなり60ml買ってしまいました。

  

こちら、テキスタイルデザインアーティストの

青山 佳世さんデザインのラベルだそうです。

トップのふたもクリアパーツでかわいい感じです。

(クリアパーツとか書くとレイズナーを思い出す世代)

全体的にやっぱり気合入ってる感がビンビンきます。

 

以下はoshinbaksさんのブログからの

リキッド紹介引用になります。

ジンジャークッキーに蜂蜜、煙草葉、それに少量のシナモンをブレンドしたリキッドです。
Pepparkakorとはスウェーデンの伝統的なジンジャークッキーです。
お土産で頂いたことがあるんですか、めちゃめちゃ甘いです。
砂糖どれだけ使ってんだってぐらい。生姜の香りはいい感じなんですが。
これをvape用にアレンジし、甘さを極力抑える為に煙草葉が一役買ってます。
バージニア系のスモーキーな香りではなく、どちらかというとパイプ煙草に近い感じ。
蜂蜜やシナモンと相まって、凄くスッキリ吸えると思います。
シナモンが微量に含まれているのでもしかしたらプラタンクは避けた方がいいかもしれません。
抵抗値を変えると味も変わるので色々試して頂ければ、と思います。
0.3Ωとかになると流石にジンジャーが飛びそうですが。
1Ωのエアー絞り気味で吸うと良いバランスになります。
供給不足気味になるとクッキーの油っぽさが出てくるのでご注意を。

 なるほど、結構表情の変わるリキッドなんですね!(知ってる)

では早速吸ってみます!!(もう吸ってる) 

あ、その前に一応環境書いときます。

 

MOD:iStick Pico

アトマ:Fodi F2

ワイヤー:SS316 0.45Ω

コットン:なんかやっすいの

 

では早速・・・・。

 

・・・

 

・・・・

 

・・・・・

 

うまい!

 

 

優しい甘味とほんのりとジンジャーの風味&酸味。

吐き出すとクッキーの生地感と

それを針で縫うようにふんわりとシナモンが現れます。

ほんとにクッキー食べた感じが少しします。

 

後味や吸い口はとてもスッキリしていて、

でも口にいる間とても複雑にいろんな味が

絡み合ってるのを感じる不思議な感覚です。

甘みを抑えるためにタバコ葉を使用されているそうなのですが

それに関しては自分は残念ながら気づけませんでした・・・。

リキッドが切れる直前、ふとした瞬間にふわっと感じた程度です。

この辺りは抵抗値をもろもろ変えてみるのがよさそうですね。

 

また、ジンジャークッキーベースということで紅茶と共に

嗜んでみたのですがとても合いました。

午後のゆったりとしたひと時にリラックスした状態で

吸いたいリキッドです。

(これを個人で作るのか・・おしんさん恐るべし。。。。)

 

ただ、ジンジャー、シナモンという香料自体が

そもそも人を選ぶものなのでそのあたりの

クセが苦手という方にはおすすめできないかなーとも思いました。

(ちなみに自分はこれ大好きです。)

 

うん、確かにクセはとても強いと思います。

だがそれがいい

そのクセこそがこのリキッドを

確固たるものにしていると思いました。

 

今、自分が吸っているリキッドに飽きてきたあなた

いろんな世界をのぞいてみたいあなたにはぜひお勧めのリキッドです。

 

あ、あと価格も抑えめで素敵ですよ!

 

■ 入手先 ■

↓ twitterでoshinbaksさんにリプかDM ↓

oshinbaks (@baksliquidlab) | Twitter

または

BaksLiquidLabのウェブストア

で購入できます。

ウェブストアで売り切れの場合、DMで問い合わせを

行うのが手っ取り早いと思います。

 

■ あとがき ■

今回、初めていわゆる自作系のリキッドを嗜んだわけなんですが、

レベル高いっす。まじで・・・。

 

ほんと、クラフトビールなんかと同じ狭くて深い世界だと思いました。

クラフトビールを例に挙げると、クセは強ければ強いほうがいい。

それを好きな固定のファンが付きますし、独自性も強い。

最近の自作リキッド界隈を遠巻きに眺めていると、

もっといろんなマイスターがいろんなリキッドを

クラフトしてくれる未来もそう遠くないのかもしれないな、

と改めて思いました。クラフトリキッド 万歳。

 

次回は

Guld Kvällsfika(グルド・クヴェルスフィーカ) 愛称・ふぃーか

を紹介予定です。

 

 

ではでは、まりんが深夜白目をむきながらお送りいたしました。 

また次回。 

 

↓登録してみました。よろしければクリックお願いします。

 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

にほんブログ村 

 

【リキッド】Layzer Crew リキッド 5種~Athena、Queen Bee、Artemis、Savage Garden、Insane Milo

4月になってしまいました。

今日から新入社員の皆様も多いかと思います。

みんな~地獄へようこそ!まりんです。

 

今回も引き続きVapeの入り口のことを書くつもりでいたんですが、

個人的に気になりすぎていたリキッドが届きましたので

鉄は熱いうちに打てというか僕の灰色の脳が記憶を失ってしまう前に

忘備録としてリキッドの感想なんかを書いてみたいと思いました。

あくまでもレビューとかじゃなくてただの感想ですよ・・・!!

(ハードル下げ)

 

※リキッドの感想は各個人の感覚や環境によっても大きく変わります。

 内容に関してはご参考程度でよろしくお願いいたします。 

 

では・・・じゃじゃーん!(オッサン感)

f:id:twi9gy:20170403002527j:plain

 

 

Vape界隈では超有名。

名古屋の雑貨店かつVapeShop、OneCaseさんで取り扱いを

行っておられるLAYZER CREWリキッド(5種)で御座います。

 

ヤフオク、または楽天のショップページにて購入できます!

※追記:実店舗でももちろん購入できるようです!

 

ちなみに写真のボトルは数量限定で販売されているトライアルセットの

ものであり、通常販売版のものとは見た目が異なる旨、ご留意ください。

※4/3現在、まだトライアルセットは販売されているようです。(ヤフオクのみ)

 

ちなみにこのトライアルセット、通常の単品販売よりも都合上

単価が割高になってしまうということで店長のメレーグマさんにより

おまけの巾着が追加されています。

f:id:twi9gy:20170403002606j:plain

 ・・・かわいい・・・。

小さいサイズで、ちょっとしたリキッドや小物入れるのにもいいですね。

 何時までセット販売が行われるのかはわからないので、欲しい方はお早めに!

 

 

今回リキッドの感想を書くにあたって、今後のことを考えると

環境などもきっちり決めたほうがいいのかなぁとか

思ったりもしたんですが、とりあえず今回は

僕が普段使用している環境での感想を書きたいと思います。

 

MOD:TESLA Two sub

アトマ:Fodi F2

ワイヤー:SS316 0.7Ω

コットン:なんかやっすいの

 

こちらの環境でいざいざ。

 

その1・Athena

f:id:twi9gy:20170403003332j:plain

実は以前単品購入したことあるリキッドです。

以下、ヤフオクページより紹介分の引用です。

リキッド設定はVG/PG 70/30のドリッパー向け、若干癖のある味ですが、深い味わいが特徴です。
僕個人は酒の供に最も合うと思っているリキッドで、これは本当に大人向け。
 
万人向けとは言い難い部分はありますが、ハマるとカナリ癖になりますよ。
  
とりあえず、バーボン、焼酎、白酒などで試しておりますが、白酒に合うので、テキーラも大丈夫だと思います。
  
お酒のお供に是非。

 紹介にも書かれている通り、結構大人の味です。

カクテル系?というかシードルのようなリンゴを煮詰めたような

甘い香りに、軽めの清涼剤が乗っかってきてスー。みたいな。

味はそこそこ甘いと思います。

 

個人的には、常飲するよりはゆったりしたいときに吸うのがベストな気がします。

クセのあるのが好き!って人にお勧めです。

 

 

その2・Queen Bee

 f:id:twi9gy:20170403004833j:plain

 紹介ページより。

リキッド設定はVG/PG 70/30のドリッパー向け、清涼剤入りで、
上品で豊かな味わいが特徴です。
一度吸い出すと延々とチェーンしてしまうので、
供給の良いタンクでのVapingが良いかもしれません。
 
僕はRTAで常飲しております。

 説明もシンプル。

これも実は以前単品購入しておりまして。

あのね、これ・・・大好きです。

吸った瞬間、ほんのり甘い蒸気が入ってきて

吐き出す瞬間、蜂蜜の上品な香りに甘味&清涼剤のさわやかさ。

そのあとから襲ってくるすっきりとした中国茶のような後味。

 甘ったるい、ベタベタした感じがなくて最高です。

 

元々蜂蜜系のお菓子とかリップスティック、ハンドクリームなども

めちゃくちゃ好きなので、個人的にはこの中で一番好きなリキッドです。

まだ紹介2つ目なんですけど。

 

常飲も全然アリな逸品です。おすすめ。

次回購入は100mlボトル狙ってるくらい好き。

 

その3・Artemis 

f:id:twi9gy:20170403005911j:plain

 来ました女神シリーズ第二弾。

月の女神さまですね。紹介ページの引用は以下。

リキッド設定はVG/PG 70/30のドリッパー向け、ストロベリーとライチの爽やかさの中から、スイカヅラが香り立ちます。
スイカヅラは甘い香りが特徴の初夏の花、花言葉は「献身的な愛」。
まさにそんな爽やかで優しい甘さのリキッドです。
 
清涼剤は弱め、人によっては気づかない場合も。
もちろん常飲にも適します、ぜひ一度お試しください。

 こちらのリキッドもスッキリしていて吸いやすいです。

僕個人の意見としては、ライチの風味強め、ストロベリーの酸味の後に

花の匂いがふわっと香る・・・そんな印象です。

フルーツ系ではあるのですがフローラル感のほうが強く感じました。

なんというか・・・女子っぽい感じがします!!

甘さもスッキリしていて、なるほど常飲向きかも知れません。

 

その4・Savage Garden 

f:id:twi9gy:20170403010926j:plain

 野性的な庭!!(適当コメント)

紹介ページの引用は以下です。

リキッド設定はVG/PG 70/30のドリッパー向け、
底抜けの爽やかさが売りです。
清涼剤設定もかなり弱めなので、
メンソールや清涼剤が苦手な方にも楽しんで頂ける爽やかリキッド。
レモンからザボン茶の爽やかな香りが立ち込める、
なかなかのカタルシスを味わうことが出来ますよ!!
  
街で疲れたその心を、何も語らずゆっくり癒やしてくれる、
そんなリキッドになれると思います。 

 来ました柑橘系!

実は柑橘系リキッドはこれが自分的には初だったりします。

吸ってみるとこれは爽やかです…!!

あとドリンク系のレモンの向こうからなんか懐かしい感じを感じます。

これがザボン茶なの・・・?

甘さは結構控えめ。で、吸った後はなんだか歯がきれいになった気すらする

爽やかさがこのリキッドにはあります。

結構癖になりそう。

 

その5・Insane Milo

f:id:twi9gy:20170403011850j:plain

 きました。うわさのアイツです。

実はVapeを始めた時にtwitter上で初めて聞いた

LAYZER CREWリキッドの名前がこれでした。

以下引用です。

リキッド設定はVG/PG 70/30のドリッパー向け、
控えめな清涼剤で、爆煙モクモクが美味いです!!
味はまんま某ネス◯のM◯loですので、
麦芽ココア大好きな方はぜひお試しください!!
 
本当に似てますよ!!
以前から気になってて、今回初めて吸ってみたんですが
正直、これ以上の説明いらないですね。
ミ〇ですわ。 
これ、ミ〇ですわー!みなさーん!!!
・・・幼少期、思春期、いろんな思い出がよみがえってきました。
 
正直、好みだけで言うと人によって分かれるとは思います。
ただ、一度体験してみてほしい。そんなリキッドです。
 
 
------------------------------------------------------------ 

 ・・・と速足で初めてリキッドのことについて書いてみました。

たぶん今後も記事の密度的にはこんなもんですが、

見捨てず読んでいただければ幸いです。

 

今回ご紹介したリキッド各種はOneCaseさんの

ヤフオクページ、または楽天のショップページにて購入できます!

現在は新商品も発売されたばかりでアツいと思いますよ!! 

 

名古屋在住の方は実店舗も行ってみてはどうでしょうか?

OneCase店長のメレーグマさんのtwitterアカウントはこちらから。

 

 

嗚呼、この記事を書いている間に新年度が来てしまいました。

地獄へようこそ。まりんでした。 

 

↓登録してみました。よろしければクリックお願いします。

 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

にほんブログ村 

 

 

【入学】はじめてのvape(仮)

年度末時期でお仕事バタバタ中、まりんですこんにちわ。

 

最近はtwitter上で自分より歴の浅いvaperさんも良く見るんですが、

みんなホント良いもの持ってますね…!!

自分もちょっと欲しいアレやコレ、あんなものまで・・・!

ぐぬぬーーーーー

 

・・・いいんだ、俺は自分のペースで楽しむんだ・・・

と血涙ボタボタ流しながら、

今回は初めてvapeを購入した際の記録をお届けします。

 

↓前回は禁煙屋天満店さんにお邪魔するところまで書きました。

【プロローグ】Vape? - ゆるVapeにっき

 

今回はその続きになります。

駄文ですがよろしければ読んでやってください・・・! 

 

初めて入ったリアル店舗

ネットで色々と調べていたものの、やはり緊張します・・・。

 

 

~~~1分で慣れました~~~

 

 

禁煙屋さんは広くはないですがとても入りやすい雰囲気で、

左右にショーケース、試飲ができるようになっており

壁一面に色んなスターターの説明が貼られています。

 

ほえー電子タバコってこんなに種類あるの。。。

 わ、リキッドもたくさん並んでる!!

 知ってる!これKAMIKAZEだ!!

 

 

「・・・なんか、まるでお土産屋さんみたいだな~

・・・と思った瞬間にそれまで初めての雰囲気に飲まれて

息苦しかったのですが、すっかり緊張のキの字も無くなりました。

おじさんにはなんだかありがたいお店です・・・!

(ネットで調べた他の店はなんだかまだ怖い)

 

 

早速、試飲?あってる?

…あ、あってますね。

試飲をさせて頂けるか店員さんに確認。

 

おそらく使い捨てなのかな?

ドリチ部分に被せるキャップ(それを咥える形です)を

試飲機に付けてくださいました。

衛生面バッチリ安心です。

 

正直試飲って人が咥えたものまた咥えるワケじゃないですか。

毎度毎度消毒ってもなんか・・・ねえ。

※この後、試飲するときはVaperのみなさんは

 MODを持っていくと知りました。

 

吸う時はここのスイッチを5回素早く押してくださいね〜と店員さん。

初めてなので仕組みもよくわかっていないぼく。

お店には慣れたのですが、いざ試飲となるとなんだか不安です。

初めて吸ってみる…むせたらどうしよう…もし吐いたら?

もしかしたら身体が痒くなったりするかもしれない。

 

意を決して吸ってみる。

 

 

……

 

………スー

 

 

ぷは

ゲホゲホゲホゲホゲホゲホゲホゲホ

…ッ!わあすごい煙!!!(涙目で素直な感想)

 

 

真面目に書きます。

元喫煙者からするとvapeのミスト量は

スターターでもかなりなもので、コツがつかめないと

むせる確率がかなり高いと思います。

まあ自分もいまだに人に教えられるほど

コツつかめてないんですけどね・・・。

 

・・でもね、美味しかったんですよ。

はじめての経験でした。甘い煙を吸うなんて。

(確かなんか甘いやつでした)

 

この瞬間、僕は

ああここで(vape)チェリーを失うんだな」と

店員のおばさんをうっとりした目で

眺めながら考えていたはずなのです。たしか。たぶん。

 

よしよし、今日はアレを買って帰るぞ!と

事前に決めてきたeGoAIOをいざ店員さんに確認。

 

「あ・・あの・・え、えーあい?おー?ですか?

 eGoってやつ・・・ありますか・・・???」

「あ、AIO(アイオ)ね。ありますよ。

 試飲もできますよ」

「(あ、あの子、アイオっていうんだ・・)

 ・・・お、おねがいします!!」

 

このとき、僕はとても動揺しました。

変な名前で呼んじゃった。恥ずかしい。

 

試飲したAIOの味は覚えていません。

 

気が付くと僕は何故か「eGoAIO」ではなく

smiss社の「emili」を握りしめて帰宅していました。

 

うっすら残っている記憶によると・・・

・なんかキャンペーン中で今なら安いよ!

・2本入ってるからリキッド2種類持ち歩けるよ!

・タバコサイズで持ち歩きに便利!

・ケースで充電できるからいれときゃ充電できるし

 結構持つよ!!

・漏れない!漏れないよ!!

 

走馬灯のように店員さんの言の葉が出てきます。

まあいろいろお勧めしてもらって、

自分で納得して結局emiliを買ったのです。

 

 

これが僕のvapeチェリー喪失の話・・・。

 

 

帰ってから、あれ?こんなに味薄かったっけ?

と思ったのも今ではいい思い出です。

 

初めて買ったリキッドや使用感についてなどはまたの機会に。 

それではまた。

 

あ、emiliは今でもたまに使ってますよ。

漏れますけどね。

 

↓登録してみました。よろしければクリックお願いします。

 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

にほんブログ村 

 

【プロローグ】Vape?

まりんです。いい歳のおっさんVaperです。

 

まだ二回目なので自己紹介も兼ねて

Vapeにたどり着くまでのお話を書きます。

 

元々自分は数年前まで喫煙者でして、

それはもうハードチェーン

しておりました。

よく職場で上司に叱られてました。

・・・お恥ずかしい。

 

ところがいろいろあって年齢的にも

「そろそろ健康に気を使わなくては

 いけないかも・・(歳だし)

となり、iqosなども経由して

たどり着いた先がVapeでした。

 

当初、Vapeのことは何一つわからず

普通にタバコと同じようなニコチンを

摂取するもの=タバコの代替品

だとばかり思っておりましたが、

(iqos、Ploomtechなどと同じだと思ってました)

少し調べてみただけで、

Vapeはそれらのものと全く違うもの

であることがわかりました。

 

そもそも日本ではニコチンの譲渡、販売が薬事法で禁止されていること。

タバコとは全く別の嗜好品であること。

一口でVapeとくくり切れないほど沢山の機材やリキッドなどがあふれていること。

 

などなど。。

最初は情報を拾いすぎて整理しきれず

怯んでしまった記憶があります。

いまだに全然理解が及んでいないのも自覚しています。

 

とはいえ、ガジェットとしてもこんなに面白そうなものもそうそうありません。

続けるかどうかはわからないけれど、

職場の喫煙所でもたまーに触っている方を見るし・・・という感じで

軽い感じで始めてみることにしたのが2016年の12月頃でした。

 

そのとき最初に買おうと心に決めていたキットは、 

当時(今も?)定番スターターとしていろんな所で

お勧めされていたeGo AIOでした。 

Joyetech eGo AIO スターターキット (Silver)

Joyetech eGo AIO スターターキット (Silver)

 

(今値段見たら自分が実店舗で買った時よりの半額以下・・・)

 

こいつはまず、漏れない。

どこの記事を見てもこう書かれていました。

自分は通勤のたびに持ち歩くことの多いサラリーマン稼業ですので

この点を最も重視したかった。

そのほかにもユーザーが結構な数いるということでの安心感もありますしね。

大体どこのショップにもおいてる、というのもポイント高いです。

 

ただ、実際購入する前にネットにていろいろ調べてはいたのですが

わからないこともまだまだ多く、最初に買うのは実店舗と決めていました。

やはり全く分からないことを始めるにあたって、

プロのサポートはもらえるものならもらいたいところです。

 

早速定時後ダッシュで職場から立ち寄りやすそうな

ショップを検索してみたところ・・・

 

・・・

 

・・・・

 

シャレオツな感じの若者が集まりそうなショップばっかりじゃねーかyo!!

 

否が応にも自分が立派なオッサンになったと自覚される出来事でした。。

Vapeは若者のカルチャーなのかしら。

もういい感じにオッサンなので、

なかなかそういった店には入りづらいものなのですよ…。

 

途方に暮れて枕を濡らしていたところ一軒、

大阪市内にやたら目につくお店を見つけました。

 

禁煙屋(天満店)さんでした。

 f:id:twi9gy:20170322010132j:plain

どうです?

こいつならいけそうな気がしませんか?(失礼)

 

当時の自分にはこのお店がこの世に降り立った一筋の光明に見えたのを覚えています。

 

ここで電子タバコチェリーを捨ててやるぜ!!

と意気揚々単身でショップへ向かい、

はじめて電子タバコというものを購入するわけですが・・・

夜分遅くの更新になってしまったのでまた次回。。

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ

にほんブログ村

↑登録してみました。よろしければクリックお願いします。